やりたいこと
やっていこう٩( ᐛ )و
逆襲を企む前向きなドキュメンタリーブログ。
雑記

ドラゴンクエストVR体験レポート!

灰根です。

先日新宿で行われているドラゴンクエストVRに行ってきました。
ドラクエ好きには夢のような体験だったよ!
ネタバレ結構あるので、あらかじめご容赦を!

春に嵐

春は出会いの季節。嵐の季節。

4月初旬、いつものようにツイッターを眺めているとあるトレンドタグが目に飛び込んできた。

『#ドラクエVR』

ドラクエでVRなんてまさか。
エイプリルフールネタか何かじゃないのかい。

そう思いながらもタグを辿ってみると、こんなツイートが。

どうやら嘘じゃあないらしい。
あのドラクエがVRで体験できる!ドラクエの世界に入れる!

なんてこったい。とんでもねえ嵐が来たもんだ。

 

僕はドラクエが大好きなんです。

ビアンカみたいなお嫁さんが欲しいと思っちゃってたし、学生時代のPCのパスワードは「dragonquest」だったし、大人になってからもドラクエ好きな友達とドラゴンクエストミュージアムに行ったり、ルイーダの酒場に行ったり、すぎやまこういちさんのコンサートに行っていたくらい。

実はPSVRが発売されてVRの話題が出てきたときに、VR化されないかなあと思っていました。
VR向きなゲームだとは思わなかったし実現する可能性はかなり低いだろうと思っていたけど、ドラクエの世界に入り込める体験ができたら感動するだろうなと。

そんな中発表されたドラゴンクエストVR。

これは行くしかない!

ドラクエVRとは

ドラクエVRとは、その名の通りドラゴンクエストをVR(ヴァーチャルリアリティ)で体験できるもの。
公式では「ドラゴンクエストの世界に入り、冒険するVRフィールドアクティビティ」と記載されていた。

予告ムービーをみてとりあえず興奮!

これだよ、これ!「自分もこの世界に入り込んでみたい!」ってもが子どもの頃に思ったことあるはず。

遊べる会場は新宿・歌舞伎町に2017年7月14日からオープンした「VR ZONE SHINJUKU」とのこと。
ドラクエVRは2018年4月27日より正式稼働
チケットは3,200G(※1G=1円だとお考えください)
なかなかのお値段だ。

4月25日の先行体験会には抽選で外れてしまったものの、正式稼働日の4月27日に遊べることに。
初日からGWくらいまでは即効で枠が埋まってしまったようなので、初日の枠を取れたのは幸運だったかも。

VR ZONE SHINJUKU

歌舞伎町を進んでいくと見えてきたVR ZONE SHINJUKU。

なんと、スライムが立ちはだかっている!
外観もドラクエ仕様になっているなんて。いいぞ。

ちなみにこのVR ZONE SHINJUKUがある場所は、元々はミラノ座という大きな映画館がありました。
元カノとデートにいったほろ苦い思い出の地。その子がジョニデが好きだったから『ダーク・シャドウ』という映画を観に行ったら微妙にエロいシーンあって気まずかった。

出典:ORICON NEWS:「新宿ミラノ座」閉館 58年の歴史に幕

綺麗ではなかったけれど、シネコンにはない古き良き雰囲気のある映画館だった。
シートは非日常を演出するかのように真っ赤でふかふかだったし、1064席も収まる規模の特大スクリーンは確かに眼前にその作品の世界を顕現させていたし、「映画」だけじゃなくて「映画館」を体感させてくれた。

そんなミラノ座も、シネコンの台頭等で業績が落ち2014年12月31日に閉館してしまいました。
ピカデリーとかバルト9とか綺麗な映画館あるもんね〜。
ミラノ座の外観はお世辞にも綺麗な映画館とは言えないし。
それがレトロでノスタルジックでいいんだけどなあ。ノスタルジックって言いたいだけだわ。

昭和の人にとっては当時の名残のある数少ない映画館だったと思う。まあ俺平成生まれだけどな。

 

すげえ脱線した!

 

中に入ってみると別途入場用のチケット(1枚800G)が必要とのこと。なんだと!
ドラクエVRのチケットとは別途必要なので注意です。
つまりドラクエVRで遊ぶためには最低4,000G必要

パーティ

パーティは、戦士2人、魔法使い1人、僧侶1人の4人編成

どの職業にするか迷ったので、Twitterでアンケ取ることに。
アンケ使っている人がいて、自分も使ってみたかったからここだと思ったのよ。

結果は魔法使いに!……なったはずなんだけど、今見ると僧侶になってるな(汗)
やる直前は魔法使いがアンケで1位だったので魔法使い選びました。

こりゃー派手に呪文ぶっ放すしかねえな!

そういえばドラクエの世界での魔法って「呪文」って言うのに、なんで魔法使いなんだろうね。
呪文使うなら呪文使いじゃないのか?
そもそもなぜ「魔法」じゃなくて「呪文」にしたんだろう。
ホイミやザオラルとか回復する技もあるものに、呪うと言う文字が含まれている呪文を充てたのはなんでなんだろうな。

 

いやだから脱線してるって!

 

集合時間に行くと、すでに僕と一緒に旅立つ3人の方が集まっていた。
さながら世界を救う仲間を求めるルイーダの酒場。

もちろんチケットを複数買って友達と行けばその友達と同じパーティで冒険できますが、僕のようにぼっち参戦でも大丈夫です!

ドラクエの主人公だって最初はひとりで旅立って次第に仲間が増えるんだ。
ひとりで冒険に出る勇気さえ持たずして誰が世界を救う勇者になれようか。

どんどんぼっち参戦しよう!

職業はパーティで話し合って好きに決められるとのこと。
僕以外にも魔法使いに立候補した人がいたけど、優しい人で譲っていただいた。

そうび

ドラクエって言ったら、やっぱり武器や防具を装備するのも醍醐味!

VRだからヘッドマウントディスプレイは当然のこと、リュック型のPCと、棒状のリモコンも装備するんだけど、これがいい感じに重いのよ。

出典:価格.comマガジン:あの「ドラクエ」の世界に入り込める!「ドラクエVR」を体験! 大魔王ゾーマと戦ってわかる勇者のすごさ

ヘッドマウントディスプレイは「かぶと」、リュック型PCは「よろい」、リモコンは「つるぎ」や「つえ」と、本当に武器や防具を「そうび」している感じにさせてくれている!

スタッフさんに説明を受けて、大体の操作を教わる。
戦士2人は「つるぎ」と「たて」を装備できるので、攻撃と防御ができる
一方、魔法使いと僧侶は防御することができない
なので、戦士2人に前衛で戦ってもらい、魔法使いと僧侶は敵の攻撃が当たらないように後衛で戦わないといけないらしい。

その代わり、もちろん魔法使いと僧侶は「杖」でそれぞれ異なる呪文を使うことができる!
魔法使いは「メラ炎の攻撃呪文)」「ヒャド氷の攻撃呪文)」「バイキルト戦士の攻撃力をあげる)」を使える。
僧侶は「バギ風の攻撃呪文)」「ホイミ回復の呪文)」「ザオラル生き返らせる呪文)」を使える。

ドラクエシリーズやったことある人にはお馴染みの呪文だけど、ドラクエ知らないでドラクエVR遊びに行こうと思っている人は、あらかじめどんな呪文か知っておくといいかも。
ドラクエは呪文名から効果想像できないのが多いしね。

呪文の使い分けは、杖(リモコン)の振り方で操作できて、やり方を変えると上位呪文も使えると!

一通り説明を受けて、広い間に通される。
VR中に実際に動き回れるように広いスペースを取ってるんだろうね。

上の動画の47秒くらいのところからみると、どんな感じでやるのかわかると思います。

ようやくドラクエVRの世界にスタート!

いざドラクエVR体験

いや〜もうさ、VRを文章であらわそうっつーのが、そもそもこの記事無理だろって話なんだけどね。

 

すごいよ。

 

頭に装着して目を開けると、そこはもうお城の中で目の前には王様がいて、周りを見渡せばさっき仲間になった3人の同士が、鳥山絵の戦士や僧侶になって僕の横にいる。

耳には、すぎやまこういちが作ったドラクエの音楽。

 

あ、俺もう主人公だ。世界救わなきゃ。

 

そんな感じ。もう勇者気分よ。
いや、冷静に考えると俺は魔法使いだし主人公じゃないんだけど。出しゃばっちゃダメだけど。
物語に入り込んだ感はとてもある!

しかもね、ヘッドマウントディスプレイ越しに仲間の声が聞こえるのよ!
身振り手振りも全部反映されるから、本当ドラクエのキャラクターと話してる感じ。

なんやかんやで、世界救いにパーティで冒険へ!
そこから色んなフィールドで色んなモンスターと戦闘した。

VRでの戦闘に苦戦も

最初はいつも通りスライムに始まり、キメラやゴーレムなどお馴染みのモンスターが多数登場
これまでのシリーズのドラクエはターン制だったし、昔なんてドット絵で動きもしなかったのに、VRだと大違い!

本当にフィールドの四方八方から出てくるし、魔物毎に色んな動き方や攻撃をするから、本当にモンスターに襲われている感じがすごい。

杖(リモコン)の操作に慣れていない最初は、もうあっちゃこっちゃモンスターがいるから軽いパニックで杖を振り回してて、効果的に呪文が使えていなかった。

熟練度が低い魔法使いってこんな感じだったんだろうな、と思った。

 

とても一人だけじゃ襲ってくる魔物に対処できないけど、ヘッドセットで仲間と話せるのがとても役立った!

戦士1
戦士1
バイキルトかけて!
灰根
灰根
任せろ!バイキルト!

とか

灰根
灰根
後ろに敵がいる!
僧侶
僧侶
!!危なかった……助かったわ!

みたいな感じで。

コミュニケーション取れるおかげで連携も取れるので本当に共闘している感じがする
おかげで、呪文が上手く使えない最初の方も、仲間のおかげでなんとかなった。

そして、僕自身も戦闘を重ねるうちに、無事熟練語が上がったのか杖の使い方にも慣れていき、狙った敵を攻撃したり、上位呪文も使い分けたりできるようになっていった。

 

いくつかのフィールドを戦って敵を倒して進んで行くと、あっという間に魔王との対決へ!

魔王ゾーマ強し…!

 

まず何よりゾーマすげえデケエから!

 

その存在感。威圧感。
デカイ=恐い って生物の本能だよなきっと。

 

そんで攻撃範囲が超広い

なんだよあれ!全然かわせねえよ!
VRだから相手の攻撃を凌ぐために本当に走って避けなきゃならない。

せっかく上達した呪文を扱う技術も、魔王の前にはパニックになって実力を発揮できず。
そうやってあわあわしているうちにほとんど何もできないまま魔王に殺されてしまう。

なさけなっ。

唯一生き返る方法として僧侶のザオラルがあったけど、その僧侶も魔王ゾーマの力に屈し、僕の生き返る望みも消え果てる。

死んでも幽霊として灰色の視界のまま仲間が戦っている姿を見られるんだけどね、これがもうすごい絶望感なのよ。

自分はもう死んでしまって、仲間が魔王に傷つけられていくのをただ黙って見てるだけ。
助けることも、力を貸すことも、何もできない。

ただ仲間が死なないように祈ってたりすると、次第に

「俺はなんて無力なんだ…」

とか厨二病みてえな気分に浸りはじめてきたりするから、すごいその世界に入り込めて最高。

おかげで魔王に立ち向かっていくのが、どれだけ恐ろしいことなのかっていうのが、体感できた。
だから勇者なんだと。
あんなのに立ち向かう勇気なんて常人には出せん。

魔法使いである俺も死に、僧侶も死に、残りは戦士の二人、魔王の攻撃は激しさを増す一方で回復する手段はもうない。

 

ー万事休すかー

 

俺だけが心でそう思ったそのとき!

勇者が現れる…!

顔がはっきりと見えなかったがあれは……あの方は……。

 

あんなに絶望的な状況だったのに、その突如現われた勇者様が加勢し一気に形勢は逆転!

 

ドラクエⅪでセレン様が言ってた。

「……勇者とは!最後までけっして……あきらめない者のことです!」

いや〜だから勇者であり伝説なんだな〜。

 

ついに魔王ゾーマを討ち滅ぼし、僕らもなんやかんや生き返らせてもらい、世界は平和に!

お城に戻り王様に魔王討伐を討ち果たしたことを報告し、そして伝説へ…。

 

限定フードや限定グッズも!

無事ドラクエの世界を救い、到底クリアできないそうにない現実世界に戻ってきた。

ゲームを終えるとスタッフさんから自分のなった職業ステッカーをもらえた!

俺こんなイケメンだったのか。
ゲーム中は自分の顔は見れないからここで初めてどんな姿だったかを確認できた。

戦士もふたりとも格好が違ってステッカーも別なので、全部で4種類!
ご丁寧にも「ドラクエに、入ってきました。」って書いてあるから、インスタにあげやすいぜ。

 

4人で記念に写真撮ったんだけど、せっかくだからともはやドラクエVRを通して仲間になったし、と一緒にお茶をすることに。
世界救ったしな。
ワンピースでいう「宴だ〜!」的なやつやらないと。

そして現れたのがコイツ。

その名も スライムドリンク!

お茶するって言ってたけど、まさかスライム飲むとはね…うへえ。

芝のようなコースターに乗っけてくれているので、4匹もいると本当に草原にいるスライムの群れように見える!
ひたすらかわいい!

しかも中に謎のスライム型の食品(おそらく)が入っててそれもかわいい!

さらにさらに!

レモンを絞って中に入れると、青かった液体が赤くなって、

スライムベスドリンクに変身するのだ!

こういうのは凝ってていいなあ〜って思った。やっぱりファンだったら思わずニヤってすると思うし。

↓変身する様子を動画で撮りました。

 

 

で、肝心の味なんだけどぶっちゃけそんなにおいしくなかったよ!
何の味なんだろうな〜あれは。よくわかんない不思議な味だった。
まあスライムの体液だし(そういう程)しょうがねえよな。

そして値段は626G!
めちゃめちゃたけえ!

ドラクエの世界からの輸入品だからね。
関税かかってるんだろうね。仕方ないね。
もちろん、芝とグラスはもらえないです。

でもかわいいからOK

 

喉も潤したところで、限定のお土産コーナーに!

全部食品なんだけど、これがみんなかわいい。

ぼうけんのしょに見立てたアイシングビスケットが特に気に入ったので購入。

出典:VR ZONE SHINJUKU

箱がまずかわいい。
開くとぼうけんのしょと、色んなドラクエのキャラクターが描かれたビスケットが見える!
ゾーマもいるし、今回のオリジナルキャラのホミリーもいます。
値段は864Gとちょっと高いけど、この出来なら思わず欲しくなっちゃうんじゃないかな〜。

賞味期限も4カ月くらい持つみたいだし、お土産にも最適!
ドラクエ好きの友達にあげたけど喜んでくれた。

僕は保存用で飾っておくのをひとつ買った。

またお土産コーナーには、VR ZONE SHINJUKUに訪れたであろう著名人のサインが飾られていたので、見てみると楽しいかも。

スタッフの方が「どうぞ写真撮ってってください〜!」と言ってくれました。

もちろん堀井さんのも!
日付的に体験会のときに書いたサインだと思われる。

 

VR ZONR SHINJUKUには他にも限定フードや限定グッズがあったので、せっかく入場料払って遊びに来たのなら、ゲームだけじゃなくてぜひ見ていくといいです。
詳しくは公式HPに掲載されています!

限定フードも限定グッズもファン的には大満足!
パーティも解散して、仲間だった人たちとお別れした。
みんな現実という冒険が待ってるからね。

ドラクエVR注意点

総じてドラクエVRは満足だった!
とはいえ、ドラクエ大好きな僕の評価なので甘い評価になってるはず。
あえてドラクエVRをやる人が気にしそうなとこを書いておきます。

値段

ドラクエVRのチケットが3200円で入場券は800円。
対して実際にドラクエVRを体験している時間は15分くらい。

これを妥当と思えるか高いと思うは、どれくらいドラクエを好きかによると思う。

いやね、15分で4,000円って高いよ!
チケット高騰してたけえたけえっって言われるディズニーのチケットだって、アフター6で4,000円くらいだけど4時間は遊べるわけ。
そう考えたら15分で4,000円はめちゃくちゃ高い!

ドラクエを知らなくてもVR自体が初めてな人なら、VR体験としてはとても楽しめると思います。
とはいえ、VRならドラクエに限らずもう少し安くて長く遊べるVRゲームもありますし、これにこだわる必要はないかな。

ドラクエ好きなら、こんな機会二度とあるかわからないし、やっとけ!
4,000円払ってでも!

画質

残念ながら、YouTubeのデモムービーみたいにすごく綺麗な画質というわけにはいかないです。

これで見るとスライムもゴーレムもすごい質感!ってなるけど、ヘッドマウントディスプレイ越しに見るとどうしても少し荒くなってしまいます。

VRやったことある人ならもうわかってると思うけど、今世に出ているVRのゲームもみんな画質が粗い。
イメージだとPS2くらいかなあ。

おそらくこれはVRの技術が今発展途上だからであり、ドラクエVRに限った話じゃないので、ドラクエVRというよりVR自体がどうか、という話ですね。
他のVRゲームに比べたら、マシな方だと思います。
初めてのVRがドラクエVRだという人は、もしかしたらイメージしていたような綺麗な画質じゃなくて少し残念に思うかもしれません。

でも、画質が粗くても臨場感があるっていうのが、むしろVRってすごいなと思いました。
今の画質で十分臨場感があるのに、これでVRの技術が進歩してそれこそPS4くらいの画質でVRができるようになればどれだけ臨場感があるんだろうと思ってしまいました。

いつかデモムービーやドラクエ11ぐらいの画質でドラクエVRやりたいな!

僧侶がキープレイヤー

今回のドラクエ、何を隠そう僧侶がキープレイヤーです。
何と言っても回復・復活させられるのが僧侶しかいないからです。

死んでる間は何もできないし、逆に言えば僧侶が死んでしまうと、後から死んだプレイヤーを復活させる人がいなくなってしまうので、ゲームを遊べなくなってしまいます。

「そんな責任ある職はちょっと……」

と思う方は、ぜひ僧侶やってください。

いいんだよ!ゲームなんだから!責任とかねえよ!

モンハンとかで初心者に
「なんでその武器なんだよ!」とか「粉塵ちゃんと持ってこいよな」とか言うような奴がいたけど、ゲームなんだから!

Eスポーツならわかるけど!

重要なポジションはそれだけやりがいあるから!
やりたい職業選んでいいよ!マジで!楽しんで!

ちなみに戦士は前衛で剣も盾も振り回すからかなり疲れる!
運動不足な人こそぜひ!

総評

ドラクエの世界に入れて、自分がドラクエの中のキャラクターとして戦っているという感覚が味わえて本当に楽しかった。

フィールドの途中、断崖絶壁の見えない地面を渡るところがあるんだけど、それが本当に怖いのよ!風も吹いてるし!
あれでVRってハンパねえなって思ったし。

最後の魔王ゾーマ戦。

みんなにもやってほしいなあ。
特にノリがいい友達同士でいったら絶対楽しいよ!

たまにさ、銀魂に影響されて現実でも銀魂みたいなキャラで話しちゃうようなやついるじゃん?

「おいいいいいいいいいいい!」

みたいな

ああいうやつ誘ってけ!ノリノリでやってくれるはず!

ゾーマにボコボコにされながら

「僧侶ぉぉおお!戦士ぃぃl!もうやめてくれえええええぇぇぇえええぇええぇ!!」

みたいなの全力で叫んだりして感情移入してやったら楽しめることうけあい!

ヘッドマウントディスプレイしてるから4人しかいないように見えるけど、現実に帰ったらすぐ近くにスタッフいるからほどほどにな!
(言うてもいい大人がみんな呪文とかケッコー叫んでる)

ドラクエVR楽しかったー!٩( ᐛ )و

僕はまた誘ってくれる人がいたので、今度は戦士で挑戦しようと思います!
ドラクエ好きな人はぜひ遊んでみてください!

次は最後まで生き残って魔王倒すぞ!

ABOUT ME
haine
それなりに大きい会社に財務経理職で就職できたものの、自分の人生やこれからがこのままでいいのかと自問自答を続ける日々。 色々あって次の職も決まっていないのに自主退職。 半年間ニートをする中で自分のやりたいことや夢がだんだんと明確になって行く。 吃音を抱えながらも、一度きりに人生を誰よりもおかしく楽しく過ごそうと考え、自分で稼ぐ力を身につけることを決意。 好きな時間に好きな場所で好きな人と過ごす。 吃音ニートだって夢を叶えられるぜってことをリアルタイムに発信し、いろんな人を勇気付けたい。 吃音ニートの逆襲が!今!始まる!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です